読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitomi's favorite

ひとみのフェイバリット - コツコツ作り続けたドールハウス、トールペイント、田舎暮らしの近況報告をしています

我が家POST製作


我が家のポスト旦那さんお手製に私がペイントしたものですが、既に17,8年経過し、集成材のため板が割れ、さすがに着彩も剥がれ初めなんといっても軒下にあるにもかかわらず、雨が降ると雨がしたたって、新聞も郵便物も濡れてしまうのは困りもの。そろそろ交換時ですよね、っと言っていたのはすでに1,2年前。


ホームセンターで見つけたスチール製のポストの形が気に入ったので購入したのも一年以上前の話。
同じ形で姉宅に先にペイントしたのももう一年前のお話。


 姉の分が仕上がったので、では始めましょう♪
基本今家にあるポストの形は変えたくないので枠は同じ形、色合いに。

文字もアールを付けましたが、同じ字体にしました。


もともとこのポストは千葉の家にも置ける物にするため、千葉で咲いているバラと私が一番好きなバラの種類を描きたいという思いで、今回ワンちゃんはやめました。
ピンクのツルバラを最初に描き込みます。バックカラーの錆色地をいかし、あまり描き込まないことにしました。・・・と、ここから依頼が舞い込み続け、結局昨年はここまでしか描けませんでした。


年末、姪っ子ちゃんボードの溶剤乾燥期間中に突如描き始め再開!
この写真にあるバラは『ピエール・ドゥ・ロンサール』という種類ですが、いつか千葉の庭に植えたい♡と恋しているバラを描き込みます。この花の特徴は最初花芯部分はピンク色、咲くに従って真綿のような白色に変化する種類です。
カップ咲きの大輪ツルバラなんですよね、って絵の手法ははそっちのけ(^_^;)


中央のピンクは我が家に咲く『プリンセス・アイコ』です。本当にきれいなサーモンピンクを表現するのは結構むずかしい。

蓋の部分にはシルエットのパティを入れました。やっぱりパティは我が家のシンボルですからね♡
絵具が剥がれ落ちないようアクリルラッカーを掛け乾いたら玄関前のポストと交換します。