読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitomi's favorite

ひとみのフェイバリット - コツコツ作り続けたドールハウス、トールペイント、田舎暮らしの近況報告をしています

毎回の横浜散策パターン

今日もお孫ちゃん子守にお疲れの姉の休養日ということで横浜へお誘い。


今回『国吉康雄』展が開かれていました。
私まったく知らなかったのですが、明治後期から昭和まで開拓農民としてアメリカへ渡り、画家としてアメリカで認められた日本人なのだそうですよ。



この上のところまでは撮影OK.
画風も時代によって変化していて、なるほどいくつか見たような気がする。
この方、岡山出身なので今、国吉康雄の影響で山陽方面は芸術にとても力が入っているのですね。

さて、美術鑑賞の後はお腹も満たし、いつもの『イングリッシュ・ガーデン』へ。
今はアジサイとバラの二番花が見ごろということで、お散歩兼ねてまいりました。
園内に入るとバラのアーチの下には傘の花が。
アジサイは鉢植えですが色々な種類がいっぱい。寄せ植えもあり、また違った楽しみがあります。

こんな変わったアジサイもあるんですね。


小さな赤い花がいっぱい詰まった毬のよう。


バラとのコラボも楽しめます。

地植えのアジサイもいっぱいあるんですね。バラの見頃の時は気がつかなかった。

木の幹に小鳥の巣が、「ピー、ピー』と鳴き声が聞こえるので見上げると小さなくちばしを巣から出してお母さん鳥を呼んでいます。
つばめよりちょっと大きな尾の長い渡り鳥、名前ははて?そばにお母さん鳥がいて人だかりで心配そうに巣の周りを飛び交っているので、お邪魔にならないようにどきましょうね。