読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hitomi's favorite

ひとみのフェイバリット - コツコツ作り続けたドールハウス、トールペイント、田舎暮らしの近況報告をしています

ウエデイング・ボードができるまで③

f:id:pattiko:20170513105202j:plain

今回、参考作品「沖 昭子」さんの『フラワーペインティング バイブル2』というトール製作本の中の上記の作品のようなのがいいなあ、でもチューリップはいらない、という娘からの要望に加え、コンセプトとして海・貝 全体的に青い雰囲気が良いという要望がありました。

f:id:pattiko:20170513105244j:plain

そんな要望を踏まえてアイデア画を描いてみました。

全体の見本作品のイメージを残しつつ、爽やかな海が表現できるようがんばります(^・^)!

f:id:pattiko:20170513105324j:plain

出だしは中央の文字を入れる部分へのマットな地塗り。

この地色はほんとうに悩みました。アイデア画でのコピペンでの色のような絵具の色合いがなくなんか濃いめ。ホワイトを加えながら調整。アウトラインはホワイトっぽいブルーでタッピングぼかし。

f:id:pattiko:20170513105552j:plain

さて、海の前の砂浜から描き始めますが、手前の砂地はより砂の雰囲気を出すため、デコパージュしたい。本当の砂では黒っぽくなるし・・・で、思いついたのが、我が家で使っているフランス産のシーソルト。適度な細かさの荒塩の感じがちょうどよい♡

貝殻部分をマスキングシートでカットし木工ボンドを薄めに塗って、塩を降ります。

ボンドがよーく乾いてからアクリルスプレーで塩が落ちないよう固めます。

f:id:pattiko:20170513105613j:plain

その後乾燥をして砂色を塗っていきます。なかなかいい感じです(^^♪

f:id:pattiko:20170513105930j:plain

南の海をイメージして静かな海の渚を描きます。

そこにお花が来る部分を下地で入れます。

f:id:pattiko:20170513110016j:plain

白い小さな小花の集まったアジサイのような花から描きます。ここは見本とにらめっこ。いつも自分流になってしまうのでなかなか難しいですね。

f:id:pattiko:20170513110105j:plain

バラです。いつもリアルを目指して花びらを描いてしまうのでトール流の花びらがなんかしっくりこなくなり、やっぱりちょっと自分流。

f:id:pattiko:20170513110150j:plain

さらにダリアも描き加えお花はこんな感じかな。

f:id:pattiko:20170513110230j:plain

貝殻はもう写真とダイソーで買った貝殻を見ながらリアル感を追求してみました。どうかしら?

中央の題字も描き入れボードは出来上がり。

f:id:pattiko:20170513110304j:plain

ボードの額の部分は窓枠の白木と窓下の流木の自然観に合わせたくブルーっぽいホワイトを塗った後サンダーで軽くこすって色を落としました。ここはアッサリ仕立てで終わり。

完成させたものがこちら。

会場までは花、貝をくっつけられなかったので、会場での仕上げとなりました。

でも結局右下の花は落ちちゃってテーブルに置かれることになったのですけどね(>_<)

まあ、テーブルがその分華やいだし、貝の絵もよく見えたし、よし!としよう!(^^)!♡